Dai

【rails】RSpecの基本構造

RSpecの基本


基本構造

RSpec.describe "説明の対象を記述" , type: :対象のタイプ do
  it "何を説明するか" do
    "テスト"
  end
end



Userモデルを説明の対象とする場合

#spec/models/user_spec.rb

RSpec.describe "User" , type: :model do
  it "何を説明するか" do
  end
end



describeはネストも可能であるためグループを分けられる、Userモデルのcreateアクションとfindアクションを対象とする場合

#spec/models/user_spec.rb

RSpec.describe "User" , type: :model do
  describe "#create" do
      it "何を説明するか" do
      end
  end
  describe "#find" do
    it "何を説明するか" do
    end
  end
end


contextと条件を分ける。Userの結合テストの場合

RSpec.describe 'Users', type: :system do
  context 'ユーザー新規登録ができるとき' do
  end
  context 'ユーザー新規登録ができないとき' do
  end
end


RSpec公式サイト github.com